鹿児島の甘口醤油と麦味噌で美味しい食卓 吉永醸造店

鹿児島甘口醤油、麦みそを創業昭和3年から製造している吉永醸造店少量生産の醸造蔵から全国に通信販売。

とろ~り美味しい刺身醤油の秘密

      2018/06/18

こんにちは、鹿児島の甘口醤油味噌醸造蔵吉永醸造店3代目です!

さしみを食べる際に使用する醤油、皆さんは、どのような醤油を使っていますか?

こいくちしょうゆ、又はさしみしょうゆという方が多いのではないでしょうか?

でも、さしみしょうゆって、どのような醤油かと聞かれれば、意外と答えられないかもしれません。

今回は、そんなさしみ醤油に関してお話ししてみようと思います。

そもそも、さしみ醤油というのは、正式な醤油の分類には含まれていません。

醤油を種類別に分けると、こいくち、うすくち、しろ、再仕込み、たまりの5種類に分類されるのですが、

さしみしょうゆという区分は、実は無いのです。

では、さしみ醤油というカテゴリーは、どのように分類されているかといえば、

一般的にはこいくちしょうゆのとろみが強いものを指すことが多いようです。

九州の方ですと、とろみが強くて甘みが強いしょうゆをさしみしょうゆと呼ぶことが多いです。

これは、製造者(メーカー)が商品の特徴をわかりやすくするために、味が濃厚だったり、とろみが強かったり、

甘みが強いものをさしみしょうゆと銘打って販売しています。

吉永醸造店でも、とろみが強くて刺身によく絡むしょうゆをさしみしょうゆと呼んでいます。

お客様の中には、濃厚なしょうゆという意味合いで、たまりしょうゆと呼ばれる方もいますが、

厳密には、たまりしょうゆとこいくちしょうゆは製造方法自体が違うので、別のしょうゆとなります。

同じこいくちしょうゆでも、濃厚な味わいのもの、さらっとした味わいのものなど、用途によって醤油の個性は

全く違います。

ドレッシングを複数用意して味の違いを楽しむように、何種類かのしょうゆを使い分けると、

料理の幅も、楽しみもグンと広がりますよ(^^)

 

 

創業昭和三年
鹿児島甘口醤油麦味噌醸造蔵吉永醸造店

鹿児島市西田2-2-3

TEL099-254-2663

営業時間8時~18時30分

店休日 日祝、第1土曜日

http://www.yoshibishi.com

facebookでも吉永醸造店の最新情報発信してます!「いいね!」押していただけると嬉しいです♪

http://www.facebook.com/yoshinagajyouzouten

instagramでも情報発信!

【yoshibishi】

 

 - 三代目コラム