鹿児島の甘口醤油と麦味噌で美味しい食卓 吉永醸造店

鹿児島甘口醤油、麦みそを創業昭和3年から製造している吉永醸造店少量生産の醸造蔵から全国に通信販売。

味噌汁は煮えばなというけど、その理由は?

      2018/04/01

こんにちは、鹿児島の甘口醤油味噌醸造蔵吉永醸造店3代目です!

みなさん、おいしい味噌汁飲んでますか?

三代目も、仕事がら味噌汁をよく飲みます

具材、だし、みその組み合わせで無限のレパートリーを楽しめる味噌汁。

追求すれば奥が深いですが、料理の初心者でも簡単に作れるのも嬉しいところ。

具だくさんにすれば、ごはんと味噌汁と簡単なおかずだけでも満足します。

ザ・日本の食卓という感じですね。

あ~、お腹空いてきた。

さてさて、そんな味噌汁ですが、おいしい味噌汁を作る上で重要なポイントの一つに、

絶対に煮立たてないというポイントがあります。

「味噌汁は煮えばな」という言葉があるくらい重要なポイントです。

沸騰してしまった味噌汁は、香りがとんでしまい、風味も一発で悪くなってしまいます。

煮立たせた味噌汁と、煮立たせていない味噌汁を比べると、その味の差は歴然です。

では、なぜ味噌汁を煮立たせてはいけないのか?

そもそも、煮えばなというのは、味噌汁がぐらっと沸騰する直前の状態です。

そのままグラグラと沸騰させてしまうと、香りがとんでしまいます。

これは、味噌に含まれる香り成分が沸騰させることによりとんでしまうからです。

特に味噌汁は、味噌と具材とだしの味が全面に出たシンプルな味なので、香りがとんでしまうと

すぐに分かります。

煮込み料理などの味が濃い料理に関しては、煮立たせてもそこまで気にならないのはそのためです。

ちなみに、温かい食べ物を食べる際に、人間の舌が美味しいと感じる温度は、

62度~70度と言われているそうです。

煮えばなの味噌汁をお椀についで、2~3分ほど置くと、大体その温度に近づきます。

ちょっとしたポイントを押さえて美味しい味噌汁ライフを楽しんでください(^^)

創業昭和三年
鹿児島甘口醤油麦味噌醸造蔵吉永醸造店

鹿児島市西田2-2-3

TEL099-254-2663

営業時間8時~18時30分

店休日 日祝、第1土曜日

http://www.yoshibishi.com

facebookでも吉永醸造店の最新情報発信してます!「いいね!」押していただけると嬉しいです♪

http://www.facebook.com/yoshinagajyouzouten

instagramでも情報発信!

【yoshibishi】

 - 三代目コラム