鹿児島の甘口醤油と麦味噌で美味しい食卓 吉永醸造店

鹿児島甘口醤油、麦みそを創業昭和3年から製造している吉永醸造店少量生産の醸造蔵から全国に通信販売。

開封後のしょうゆってどれくらいで使い切ればいいの?の疑問に答えます

   

こんにちは、鹿児島の甘口醤油味噌醸造蔵吉永醸造店3代目です!

今回は、お客様からたまにいただくご質問

「開封後のしょうゆってどれくらいで使い切ればいいの?」

の疑問にお答えしたいと思います。

しょうゆの賞味期限は、たいてい原材料表記などが記載されている一括表示の枠内か、

容器の上部もしくは下部に記載されていることが多いです。

しょうゆの賞味期限に関しては、以前書いた「醤油の賞味期限に関して」の記事をご参照ください。

醤油の賞味期限に関して

極端な話しをすれば、開封後のしょうゆは、酸素と触れるために、劣化がスタートします。

しょうゆの劣化とは、香り、風味、色の劣化などです。

理想を言えば、開封後の醤油は、1ヶ月程度で使い切れる量をご購入されるのをオススメします。

しかし、なかなか1ヶ月では使い切れない場面もあるでしょうから、私のところでは、最悪でも開封後3ヶ月

くらいには、使い切っていただく量をオススメしています。

もちろん、開封後、それ以上の期間が経ったからといって、醤油が傷んで使用できないということでは決してありません。

あくまで、未開封のしょうゆの風味をおいしく味わっていただくための期間ということです。

開封後、しばらく経ってしょうゆの風味が落ちてしまった場合は、

煮物や、煮込み、佃煮、照り焼きなどの味が濃い目の料理に使っていただければおいしく召し上がっていただけます。

 

 

創業昭和三年
鹿児島甘口醤油麦味噌醸造蔵吉永醸造店

鹿児島市西田2-2-3

TEL099-254-2663

営業時間8時~18時30分

店休日 日祝、第1土曜日

http://www.yoshibishi.com

facebookでも吉永醸造店の最新情報発信してます!「いいね!」押していただけると嬉しいです♪

http://www.facebook.com/yoshinagajyouzouten

instagramでも情報発信!

【yoshibishi】

 

 - 三代目コラム