鹿児島の甘口醤油と麦味噌で美味しい食卓 吉永醸造店

鹿児島甘口醤油、麦みそを創業昭和3年から製造している吉永醸造店少量生産の醸造蔵から全国に通信販売。

僕が甘口醤油屋の三代目になった理由【その1】

      2016/05/03

こんにちは、鹿児島の甘口醤油味噌醸造蔵吉永醸造店3代目です!

三代目さんって、小さい頃から醤油屋になりたかったんですか?

と質問されることがあります。

確かに、実家が商売をしていて、そこの息子なら、将来は稼業を継ぐのかな?と思いますよね。

でも、実は、わたくし、小さい頃から醤油屋になろうと思っていたわけではないんです。

そんな私が、醤油屋の三代目になるまでのお話をさせていただこうと思います。

吉永醸造店は、昭和三年の創業なのですが、

三代目が幼い頃は、まだ木造建築バリバリの建物で、

店舗と自宅もつながっており、店舗の奥が、そのまま自宅になっているような感じでした。

朝ドラに出てくる昭和のはじめのお店のイメージですかね。

工場も、バリバリ木造で、夜中に入ってみると、子どもながらにお化けとかでてきそうで

とても怖かったのを覚えています。

そうそう、小さい頃は、親のいうことを聞かなかったり、悪いことをすると、

工場内の小さい部屋があるのですが、そこに閉じ込められるものでした。

これが、また本当に怖いんです!

聞いた話では、父である2代目も、小さい頃には閉じ込められていたそうです。

そんな感じで自宅と会社の境界も曖昧っだったので、小さい頃は、

工場に遊びに行ったり、仕事をしている父や職人さんと話したりしていたので、

実家の商売というものは、割りと身近に感じていたように思います。

小学生の頃くらいまでは、将来は、醤油屋になりたいと漠然と思っていました。

そんなこんなで、中学、高校となり、自分の進路を考える時期がやってきます。

この年代にありがちですが、

鹿児島で小さい頃から産まれ育った自分は、都会に対して強い憧れもあり、

東京の大学への進学を希望します。

その頃には、将来、稼業の商売を継ぐんだという思いは全く無くて、

2代目である父からも、そういった話は全く無かったですし、

東京で、そのまま就職するのもいいかなぁなんて思っていました。

醤油にかぎらず、醸造業の後継者は、醸造学科のある大学に進学することが多いのですが、

将来、稼業を継ぐことを考えていなかった自分は、

醸造とは全く関係ない大学の、しかも、会社経営と関係のある経営学部などではなく、

法学部に進学しました。

そして、東京での、刺激にあふれた生活が過ぎ、就職活動を考える時期に入ります。

そこで、はじめて将来について考え、ある思いが芽生えます。

今回は、この辺にして【その2】に続きます。

 

創業昭和三年
鹿児島甘口醤油麦味噌醸造蔵吉永醸造店

鹿児島市西田2-2-3

TEL099-254-2663

営業時間8時~18時30分

店休日 日祝、第1土曜日

http://www.yoshibishi.com

facebookでも吉永醸造店の最新情報発信してます!「いいね!」押していただけると嬉しいです♪

http://www.facebook.com/yoshinagajyouzouten

 - 三代目のつれづれ